マツエクをすると自まつ毛は減っちゃうの?

もはや一般的になっているまつ毛のメイク。

その中の1つに、マツエクがあります。

女性とメイクグッズ

もとは髪につけるエクステなのですが、まつ毛のメイクが流行るようになり、マツエクも今ではよく見られます。

でもそのマツエクをすると、自まつ毛減るという話も聞きます。

実際のところ、自まつ毛が減るのか?また、減った場合の対策は?早速、確認してみましょう。

自まつ毛が減るのは本当?

マツエクは1本1本の自まつ毛に、1~3本程度のエクステを付けるわけですが、やはり、自まつ毛に負担もかかりやすいのが現実です。

負担がかかる、傷んでしまうと、まつ毛が抜けやすくなったり、途中からちぎれてしまったりしやすくなります。

困る女性

つまり・・・

実際にマツエクで自まつ毛が減ったり、短くなったりするんですね。

粘着剤による負担

マツエクは粘着剤で付けるのですが、当然取れないようにかなり強力なものを使います。常に強力な粘着剤がついている状態の自まつ毛は、傷みやすくなるわけです。

ちなみに、まつ毛のみならず皮膚や目に炎症を起こしてしまう場合もありますね。

常に重さ、長さが増える負担

普段の自まつ毛に増やしたマツエク分の重さや長さが加わるため、常にその分の負担がかかる状態です。

また、長い分、引っ張られて抜けたりちぎれたりする原因になります。

皮膚が荒れて抜ける

粘着剤は、周りの皮膚や目にも負担がかかりやすいですが、まつ毛が生えている部分の皮膚が荒れる原因になります。

生えている部分の皮膚が荒れると、まつ毛も抜けやすくなります。

減ったときの対策は?

マツエクをして自まつ毛が減った場合の対策は、シンプルに2つあります。

  • マツエクを止める
  • まつ毛を伸ばしたり増やす努力をする

マツエクが原因で自まつ毛が減るのであれば、当然やめたらいいわけですね。

ですが、マツエクだけでなく、マスカラ、つけま、まつ毛パーマ、ビューラーなど。基本的にまつ毛のメイクは、自まつ毛が傷んで減ったり短くなる原因になります。

まつ毛のメイク全般を止めれればいいのですが、女性としてはなかなか難しい部分もあります。いつも、目を大きく綺麗に見せたいですからね。

説明する猫

そこでもう1つの方法が、まつ毛を伸ばしたり増やす努力

今では、まつ毛を伸ばす成分が入ったサプリのバンビウィンクやまつ毛に使う美容液も販売されており、まつ育したい!という女性に人気があります。

単純に自まつ毛を伸ばしたい方だけでなく、まつ毛が傷んでしまった方にオススメです。

気になる方は、一度チェックされてみては?

マツエクで自まつ毛が減るときの対策!

まとめ

マツエク1つにピックアップしてみても、自まつ毛が傷んで減ることがわかります。

対策としては、まつ毛メイクを止めるか、まつ育をすることが大事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする